9月のお楽しみメニュー

9月のタイトル文字朝晩と昼間の気温差が大きくなり、着るものに悩む季節になってきました。
雲の形も変わってきて、秋を感じますね。10月に入ってしまいましたが、9月を振り返りたいと思います。
9月21日は、中秋の名月でした。満月で見られたのは8年ぶりだったそうですが、ご覧になられましたか?

職員駐車場から見えた、中秋の名月です。
撮影したのは21時を過ぎていましたが、とても大きな満月を見ることができました。
(実際よりも明るく映っています)
それでは、9月のお楽しみメニューをご紹介致します!

秋のライン「秋の味覚」
メニュー
・松茸ご飯
・鮭のムニエル きのこバターソースかけ
・茶碗蒸し
・ほうれん草と笹かまのマヨポン酢和え
・梨


松茸ご飯は、人参・油揚げと一緒に炊き込んでいます。
写真からも、松茸の香りが漂ってきそうで、美味しそうですね!


鮭はこんがりとムニエルして、しめじ・えのきをバターで炒め、少量の牛乳を加え、塩コショウとレモン汁でさっぱり仕上げています。食欲が進みますね♪

茶碗蒸しは、エビ・椎茸・三つ葉入りです。

お粥や刻み食の方にも、形を変えて提供しています。

フルーツは、旬の豊水梨でした梨のイラスト(フルーツ)
水分たっぷりで、みずみずしいですね。

今回は、きのこを豊富に使い、松茸の香りで秋を一層感じて頂けるようなメニューとなりました。
患者様からは、「秋だね~♪」と喜んで頂け、入院したてで食欲のない方も「うまかった」と、松茸ご飯だけは完食されました。鮭のムニエルも好評を頂き、「お腹いっぱいで魚は残しちゃったけど、バターソースだけは全部食べちゃった!」とおっしゃる方もいらっしゃいました。レモン汁を加えたことで食べやすかったようです。

秋のライン「サンマ」

秋は他にも美味しいものがたくさんある季節ですね。
患者さまは日々、ご自分の血液データをチェックしながら透析や食事を工夫することで病気と向き合っています。毎月お楽しみメニューを考えている当院の栄養課スタッフも、いろんな制限がある中で、どうしたら季節を楽しんで頂けるかを日々考えています。時には食べたいものを食べて食事を楽しむことも、病気と付き合っていく秘訣かもしれませんね。
「天高く、馬肥ゆ」とは言いますが、私も食べすぎには気を付けたいと思います!

 

秋の味覚のイラスト(ぴょこ)

 

PAGE TOP